マンドリン関係の書籍 

 

   

ほとんどのマンドリニストが感じておられることと思いますが、マンドリン関係の書籍は本当に数が少なく、これほど日本各地に社会人や学生のマンドリンサークルがあって盛んに演奏活動が行われていますのに、この現象をどう捉えればよいのでしょう。

 

ここで言う書籍とは邦書を対象とし、機関誌、記念誌、オリジナル曲集の類も含みますが、教則本やポピュラー合奏曲集等は除くものとします。

筆者がマンドリン関係の書籍に関しまして全てのことを知っているわけではありませんので、本稿の記述に抜けている点がありましたらどうかご容赦いただきいと思います。

 

故人の生没年をはじめとしてネット情報には誤りも多く見受けられます。

極力正確な情報に従うよう留意致しましたが、以下の記述に誤りや漏れ、その他お気づきの点がございましたら、ご指摘いただければ誠に有難く存じます。

 

文中敬称は省略させていただきました。

 

[目 次]

1 マンドリン事始め

2 日本最初のマンドリン出版物 

2.1  マンドリン教科書

2.2  マンドリン独習 

3 マンドリンに関する歴史的著作

3.1  マンドリン・ギター及其オーケストラ

3.2  マンドリン・ギター片影 

4 主なマンドリン研究誌・機関誌等の歴史

4.1  マンドリンとギター

4.2  アルモニア

4.3  FRETS 

4.4  JMUジャーナル

4.5  奏でる!マンドリン

5 主な学生マンドリンクラブの部史・記念誌

6 マンドリン関係の譜庫

7 マンドリン曲集

7.1  マンドリン・ギタア曲集

7.2  マンドリン曲集

7.3  マンドリン・オーケストラによる日本の旋律

7.4  中野二郎編マンドリン曲集

7.5  カラーチェマンドリンアルバム

7.6  服部正名作集

7.7  ときめきのマンドリン

8 マンドリンの参考書・書籍

8.1  マンドリン奏法

8.2  すぐに役に立つマンドリン・ギター合奏のコツ

8.3  マンドリン・テキスト

8.4  マンドリン・オーケストラのすべて

8.5 評伝 古賀政男

8.6  比留間賢八の生涯

8.7 鈴木静一 そのマンドリン音楽と生涯

8.8 マンドリン事典

8.9 たぬきの独り言

8.10  マンドリン物語

 

***

 

1 マンドリン事始め

 

記録によりますと、日本人で初めてマンドリンを一般に公開しましたのは、四竈訥治(しかまとつじ、18541928)で、1894明治27)秋にマンドリン等の音楽会が催されたようです。

 

山田忠男著「随想風音楽論」(昭和56年、音楽之友社)に次のように記されています。

 「最初のハープ演奏記録を私の手許にある文献で見ると、明治二十七年(1894)秋のこと。

         その夏に日清戦争が始まったので、題して義勇奉公報国音楽

会、勿論その頃だから プログラムは吹奏楽や唱歌などだが、その中に仙花楽というのがあり、メンダリン(マンドリンのこと)、バイオリン、ハープで三人の女性が八千代獅子(長唄の抜粋だろう)を奏したとある。

これはマンドリンにとっても、わが国で始めての記録。四竈訥治という、取調所出の先覚者で明治十八年に唱歌会という私設音楽学校を開いたり、二十三年からは音楽雑誌を発行して啓蒙を続けた方の企画で、全国の家庭に流行していた月琴や明笛の明清楽が、戦争のために演奏されなくなったのに代って、仙花楽と名づけたものらしい。」

 

取調所とは、明治政府が1879(明治12)に開設した音楽取調掛(一時取調所と呼称、のちの東京芸大)のことと思われます。

一般の日本人が音楽会でマンドリンによって初めて耳にした曲は「八千代獅子」だったようです。

 

一説には四竈氏以前に、仙台の宮城女学校(現宮城学院)の外国人宣教師がすでにマンドリンをもたらしていたとも伝えられています。

 

四竈訥治は江戸時代の生まれで明治を代表する近代邦楽の作詞・作曲家であったようです。

氏の6女、四竈清子(19031965)が大正末期頃ニッポノホン(のちの日本コロムビア)に吹き込んだレコードを四竈清子で聴くことができます。

 

おそらくネットで聴ける最古の日本人のマンドリン演奏ではないでしょうか(現在このサイトは削除されているようです)

左は四竈清子の少女時代の写真です (FRETS 103号所載)